飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素酵素の基礎知識8 食べ物と酵素


酵素を摂る、補う、節約する、など、酵素についてはいろいろな事が言われますが、酵素をとる上で、食べ物は大きなポイントになっています。酵素には体内で作られる酵素と、外から取り入れる酵素がありますが、外から取り入れる酵素では、食べ物(より効率よく補給したい方は酵素ドリンク、酵素粒)で摂取する事になります。酵素の種類では、食物酵素と呼ばれる分野になります。
ですが、食べ物なら何でも良いというのではなく、酵素を取り入れる上では、食べ物選びも大切です。
酵素を多く含む食品を選ぶ事がポイントになりますが、一般的に生の食べ物と発酵食品というのが、よく挙げられてます。生の食べ物では、主に野菜や果物が挙げられますが、生の魚や肉にも酵素が含まれています。しかし生の肉は牛、豚、鶏どれもリスクが大きいので現実的には除外して下さい。。
酵素に注目した食事というのは、最近よくTVや女性誌など多くのメディアで見られるようにもなりました。ローフードやリビングフードという言葉を耳にする事もあるのではないでしょうか。
これらは、酵素を考えた食事においてよく出てく言葉でもありますが、ローフードはRaw foodと書いて生の食べ物を意味し、リビングフードはLiving foodと書きます。どちらも同じ意味として扱われる事もありますが、捉え方によっては、リビングフードの方はより酵素に注目した食べ物と言われる場合があるでしょう。酵素についての考え方が食事という部分にもよく浸透している事が感じられますね。

生の食べ物が良いと言われるのは、酵素が熱に弱いという特徴に基づいています。
リビングフードと言われるのにも、酵素が生きているという意味合いがあるようです。
加熱をすると、酵素が失われてしまうので、生のまま食べる事でそのまま体内で活用する事ができる、という事から、生の状態というのが重要視されています。
サラダやフルーツなど、野菜や果物は生で食べる事もありますので、特別意識しなくても、自然に酵素を得られている場合もあるでしょう。ですが、その中でも、酵素を多く含む食材として挙げられる食材があります。野菜では、レタスやキャベツ、人参、セロリ、大根、タマネギ、山芋、などがよく挙げられ、果物では、パイナップル、バナナ、パパイヤ、マンゴー、キウイ、アボカド、苺、イチジク、りんご、などがよく挙げられていますが、これだけに限るという訳ではありません。
それぞれの食材によって含む酵素にも特徴がありますので、どんな働きをするのかというのも個々に見てみると面白いでしょう。また、一つ一つの食材についてよく見てみると、一つの食材に複数の種類の酵素が含まれている事もあります。また、生の魚や肉という部分では、魚の刺身や馬刺しなどが挙げられますが、生の魚、特に肉は注意しなければいけない部分もありますので、常識の範囲で安全に食べるようにしましょう。
そして、発酵食品では、身近な食べ物ですとヨーグルトや納豆などはよく知られています。
ほかにも、味噌やしょうゆ、漬物、キムチ、チーズ、なども発酵食品に該当します。
これらの酵素を多く含む食べ物を利用して、上手に酵素を取り入れられると良いですね。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集