飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素酵素の基礎知識3 酵素の働き


酵素は、体の中または自然界の中で、様々な働きをしています。酵素についても様々な視点から見る事ができますので、働きについてもいろいろな事が言えるでしょう。酵素の数もたくさんありますので、働きについても、とてもたくさんの事が言えるかもしれません。体内での働きというのも、体の中の様々な部分で働いている事がありますし、酵素の分類とも合わせて考えてみると、化学的な反応の部分での働きというのもあるでしょう。もっと詳しく見てみると、酵素一つ一つの働きというのもあります。
様々な視点からの酵素の働きについて知り、自分の体の中で酵素がどのように働いているのか、というのをイメージできると、健康や美容に酵素を活用する時にも、役立つ事があるかもしれませんね。

飲む酵素などについてよく言われる酵素の働きに関しては、3種類に分類した酵素の種類の働きとして挙げられる事があるでしょう。酵素の種類は、消化酵素、代謝酵素、食物酵素、に分けて言われています。

まず、消化酵素は、名前からもわかるように、体の中での消化や吸収という部分で働いています。
口から食べた食べ物は、体の中の様々な器官によって段階的に消化され栄養などを吸収していますが、その様々な場所で酵素は働いています。また、食べ物の成分などによっても、働きかける酵素に違いがあります。例えば、唾液などに含まれるアミラーゼという酵素はデンプンを分解する働きで知られています。ほかにも、脂肪を分解する働きで知られるリパーゼや、たんぱく質を分解する働きで知られるプロテアーゼなどがあります。これらは、よく挙げられる酵素の名前でもありますので、知っている人も多いかもしれませんね。これらの酵素もさらに細かく分類されますので、働きの部分でもより詳しい内容があることでしょう。

それから、代謝酵素は同じく名前からわかるように、体内での代謝という部分で働いています。代謝という働きには、新陳代謝と言われる肌の生まれ変わりなどに関する事や、デトックスとも言われる老廃物の排泄、免疫力などの外部からの刺激への対処に関係する事、などの働きが言われています。
体が活動するという分野での働きとしてイメージできる事もあるかもしれませんね。
そして、食べ物に含まれている食物酵素ですが、食物酵素は消化を助ける働きとして言われています。また、全体を通して見てみると、消化酵素と代謝酵素を助けるという働きにつながる事も言われています。食事の時の食べ合わせの関係でも聞いた事があるのではないでしょうか。
これらの働きによって、健康や美容などの酵素の効果を導く事につながります。

また、化学的な観点からは、酵素の働きにおいて、基質特異性や反応特異性と言われる特徴が挙げられる事がありますが、これは、酵素が働きかけるものは一つの物質に決まっていて、働きによる反応も一つしかない、というような意味です。たくさんの酵素があり、様々な働きがありますが、一つ一つの酵素の働きはシンプルなものなのかもしれません。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集