飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素酵素の基礎知識2 酵素の様々な種類


酵素は人間が生きるのに必要な要素であり、同じく自然界にとっても必要な大切なものですが、では、いったい酵素はどれくらいの数が存在しているのでしょうか。体内の構造についてはいろいろな事がわかっていますが、構造を知る上で、数というのもよくでてきますよね。
体内の酵素の数、そして、自然界にある酵素の数、というのも、いろいろな所で挙げられています。
その数は必ずしも全てにおいて一致するという事はないかもしれませんが、多くの場合、何千や何万という単位で表されている事が多いでしょう。自然界の中に存在する酵素の数は、数万個にも及び、体内の酵素の数も、数千個あると言われています。酵素の数は、はっきりと何個と決めて言える事はないかもしれませんね。まだわかっていない事がいろいろあるでしょうし、もしかしたら、明日また新しい酵素が発見されるかもしれません。ですが、酵素の数はたくさんあるというイメージを持つ事はできるでしょう。

酵素についての分類というのは、様々にあるようです。体内のそれぞれの酵素についても、体のどの部分にいる酵素か、どんな働きをするのか、何に対して働きかけるのかという基質について、などのいろいろな詳しい内容があり、EC番号とも呼ばれる酵素番号というのもあります。
体の働きについて知る上で、酵素の働きについても出てくる事があるので、たくさんの中にも、名前の聞いたことのある酵素がいくつかあることでしょう。

飲む酵素を利用する場合、酵素を摂りいれる場合などでは、より日常的な観点から酵素の種類について挙げられる事があり、まず、体の中の酵素と体の外にある酵素、についてよく言われる事があるでしょう。体内の酵素は潜在酵素とも呼ばれる事がありますが、さらに、酵素の体内での働きによって、消化酵素と代謝酵素に大きく分けて言われる事があります。これに加えて体外の酵素として、食べ物として摂りいれる酵素は食物酵素と呼ばれています。
飲む酵素では、これらの3種類に酵素について分類した考え方がよく挙げられているでしょう。
これらの考え方は、酵素栄養学と呼ばれる観点からの酵素についての考え方で、エドワード・ハウエルの理論に基づいて言われる事も多いでしょう。

また、酵素は、酵素の反応の特徴などによって、6つに分類される事もあります。
これらの分類は化学的な視点からの分類と言えるかもしれませんが、酸化還元酵素、転移酵素、加水分解酵素、脱離酵素、異性化酵素、合成酵素、の6つに分ける事ができます。
それぞれ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、ヒドロラーゼ、リアーゼ、イソメラーゼ、リガーゼ、など、ほかの呼び方をされる事もありますが、それぞれ特徴的な働きに基づいた名前がつき、EC番号にも関わっています。
酵素の捉え方には、様々な観点からの考え方がありますので、一言で種類と言っても、種類の分け方にいろいろな違いが見られる事もあるでしょう。
細かく見ていけば、いろいろな矛盾を感じる事もあるかもしれませんが、様々な研究内容などを見たりしながら、難しく考えすぎず、楽しみながら、飲む酵素における健康と美容についても自分なりに酵素の種類についてイメージを持てると良いですね。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集