飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素酵素の基礎知識9 酵素を摂る時のコツ


酵素を摂る方法は様々にあり、酵素を多く含む野菜や果物、発酵食品の利用や、飲む酵素、酵素ドリンクなどの商品を利用する方法などがあります。

酵素を食事などに取り入れる時には、よく加熱に関する事が挙げられています。酵素は熱に弱いので、料理の過程で加熱してしまう事で、酵素が失われてしまうようです。
この事から、酵素を多く含む野菜や果物なども、生の状態で食べる事が勧められています。
ですが、加熱して食べる事が必ずしも良くないという訳ではありません。加熱する料理方法によって、野菜などをたくさん食べられる事や、温かい食べ物を食べる事で体が温まるという事もあるでしょう。
食材それぞれに栄養がありますし、全ての食材を生の状態で食べる事ができる訳ではありませんので、極端に生の食べ物だけに焦点を合わせるのではなく、食事のメニュー全体のバランスを考える事も大切です。また、食べる時によく言われるのが、よく噛んで食べるという事です。噛むという事は、顎が鍛えられるなど、様々な場面でよく噛む事の大切さについて言われますが、食べ物をよく噛む事で、唾液の分泌がよくなり、胃などの負担を軽減して消化を助ける事にもつながり、食べ過ぎてしまうのを防ぐ、など、酵素の力を活用する為にも良い効果があります。
また、酵素と一緒に、水を摂る事もポイントとして挙げられる事があり、新鮮な水は酵素の働きを助けるとも言われています。水を飲む事は、健康や美容において大切なポイントとしてよく挙げられますが、酵素を摂る時にも、取り入れてみると良いでしょう。

酵素を摂る時には、食べ合わせ、というのもポイントになっています。
酵素の働きを助ける役割として、補酵素の存在がありますが、酵素を摂る時には、これらの補酵素も一緒に摂ると良いと言われています。補酵素と言われるビタミンやミネラルも、酵素を摂る時に一緒に考えて組み合わせてみると良いでしょう。また、食べ合わせでは、デメリットになる食べ合わせもあるでしょう。食事における食べ合わせについては、良い場合と悪い場合が言われますが、例えば、アスコルビナーゼという酵素はビタミンCを壊す働きがある事で知られています。ですが、お酢を利用するなど、料理方法を工夫する事で解決できるという事がありますので、食べ合わせのメリット・デメリットも考慮しながら、いろいろ工夫して酵素を摂れると良いでしょう。
また、野菜や果物については皮ごと食べる事が良いとも言われています。農薬などの問題もありますので、検討しなければいけない部分もあるかと思いますが、健康的に上手に利用できると良いですね。
これらの様々なコツを頭に入れて、賢く酵素を摂る事ができると良いでしょう。

  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集