飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素飲む酵素を作る4 酵素エキス


飲む酵素を手作りする場合では、大きく分けると、酵素を含む材料をそのまま利用する方法と、発酵させる方法がよく挙げられるのですが、この二つでは、作り方も大きく違ってくるでしょう。
発酵させる方法で作った飲む酵素は、酵素エキスなどと呼ばれる事もありますが、ただ飲むという事以外に、様々な利用方法もあります。
酵素エキスを作るにあたっては、完成するまでにある程度の時間もかかり、作る手順も少し手間がかかる事もあるかもしれません。人によっては、そのままジュースにする方法よりも難しく感じる事があるかと思いますが、酵素エキスができあがる過程を見ていくのも興味深い事があるのではないでしょうか。

酵素エキスを作る上では、春の酵素や秋の酵素、という名前を目にする事も多いかと思いますが、どちらも、旬という事が関係し、季節に応じた材料を使用する事が挙げられるでしょう。
その為、作る時期というのも材料が取れる季節になります。
春の酵素と言われる中には、ヨモギやタンポポ、タラの芽、桜の葉、など、春の野草や新芽、新葉、などが挙げられています。そして、秋の酵素と言われる中には、カボチャやさつまいも、玄米、小豆、柿、りんご、などの、秋の野菜や穀物、果物などが挙げられています。春の酵素と秋の酵素では、材料が大きく違う事がわかりますね。また、酵素エキスというのは、これらの春や秋の酵素と言われる物に限らず、梅の酵素や、ブルーベリー酵素、りんご酵素など、単品などで作られる場合もあるようです。
酵素エキスの作り方にも、いろいろな作り方があり、使用する材料も様々ですので、自分の好みの組み合わせなど、自分に合った酵素エキスについて研究してみるのも面白いかもしれません。

酵素エキスの作り方は、基本的に、野菜や果物などの材料と砂糖を合わせて漬けておくというような手順になるようです。作り方にもいろいろな方法があり、野菜や果物、砂糖、のほかにも加える物があったり、使う砂糖の種類にも違いがあったりしますので、一概には言えませんが、酵素エキスの作り方の流れでは、材料となる野菜や果物を丁寧に洗い、適当な大きさに切り、砂糖と一緒に混ぜて漬け、できあがるまでの間にかきまぜたりする作業を行い、最後に濾したり絞ったりして酵素エキスを抽出する、という流れになるでしょう。また、酵素エキスを作る上では、漬ける為に使用するビンなどを熱湯消毒するなど、作る過程で雑菌などが入らないように衛生面で気を付ける事や、手で混ぜる事、保存方法、など、いろいろな注意点やポイントもあります。
酵素エキスを作る過程の、漬けたり混ぜたりしながら時間をかける中で、材料が発酵していく訳ですが、上手く発酵という変化が起きずに、場合によっては腐ってしまったりして、ダメになってしまう事もあるでしょう。上手に発酵させる、という事は酵素エキスを作る上で少し難しい部分になるかもしれませんが、注意する事やポイントなど、正しい作り方のコツをいろいろ調べてみて、安全においしく飲める酵素エキスを作ってみましょう。
  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集