飲む酵素

飲む酵素

飲む酵素飲む酵素を作る1 生野菜や果物


飲む酵素を自分で作る時には、作る為の材料ももちろん必要になりますね。飲む酵素の作り方にもいろいろな方法がありますが、作り方の前に、酵素を含む材料について知っておくと、よりわかりやすい事もあるのではないでしょうか。酵素が含まれているとしてよく挙げられるのが、生の食べ物です。
なぜ生なのか、というのは、加熱によって酵素が壊れてしまう事が理由としてよく挙げられますが、生の食べ物の中でも、野菜や果物についてはよく挙げられことでしょう。
魚や肉には制限もあり例として挙げられる種類も少ないですが、野菜や果物を生で食べる事は普段の食生活の中でもサラダやデザートなどとして食べる機会が多いので、いろいろな種類の野菜や果物を思い浮かべる事ができるのではないでしょうか。
中でも酵素を多く含む物として、野菜では、レタスやキャベツ、人参、セロリ、大根、タマネギ、山芋、果物では、パイナップル、バナナ、パパイヤ、マンゴー、キウイ、アボカド、苺、イチジク、りんご、などの名前がよく見られます。

一つ一つを見てみると、例えばキャベツは揚げ物と一緒にお皿にのっていたり、人参やセロリはサラダに入っていたり、大根は大根おろしとして焼き魚に添えられていたり、タマネギはオニオンスライスとしても良く知られていますね。果物はフルーツとも呼ばれ様々な場面で親しまれていますが、フルーツに関しては生でそのまま食べる事も多いでしょう。このように、酵素を多く含む食べ物は、普段の食生活の中で普通に生のまま食べる機会が多い事にも気付かされます。
食べ合わせについて酵素の観点から見てみるのも面白いでしょう。飲む酵素を作る時にも、これらの酵素を多く含む材料を効率よく利用できると良いですね。

酵素を多く含む物でも、それぞれ含まれている酵素には違いがあります。例えば、大根に含まれるジアスターゼはデンプンを分解し消化を助ける事で知られ、パイナップルに含まれるブロメラインはタンパク質分解酵素として知られています。同じく、キウイに含まれるアクチニジンもタンパク質分解酵素です。
また、それぞれの酵素にもいろいろな特徴があり、同じタンパク質分解酵素でも、ブロメラインは炎症を抑える働きとしても知られ、アクチニジンは腸の中の善玉菌を増やす働きなどで知られています。
それぞれの材料が含む酵素についての知識があると、飲む酵素作りにも役立つ事があるでしょう。
それぞれの酵素が持つ特徴なども視野に入れてみると、より自分に合った飲む酵素を作る事ができるかもしれません。酵素の持つ働きは、病気の予防という観点からも効果について知る事ができるでしょう。

生の野菜や果物を飲む酵素に利用する時は、皮ごと使う事がおすすめとして挙げられる事があります。
これは、皮の部分にも酵素や栄養素が含まれている事などから言われます。
皮については農薬などの心配も言われますので、場合に応じて活用できると良いでしょう。
また、すりおろすと良いなど、効率的な方法なども挙げられています。
野菜や果物の酵素をより効率よく、飲む酵素作りに利用できると良いですね。
  ≪おすすめ!≫人気の酵素ドリンク、酵素粒 ≫
健康アップ  免疫力アップ 
 酵素ダイエット
飲む酵素の全て








Copyright (C) 飲む酵素 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集